GENELEC / オタリテック株式会社

フランクフルトで開催されたmusic messe において新製品1238CFを発表

GENELECは、先日ドイツ・フランクフルトで開催されたmusic messe において新製品1238CFを発表した。

1238CF 「 1238CF」は、GENELEC8000シリーズ以外では初のDSPモデルで、既発の3ウェイモニター1038CFをベースに本体内にDSP回路を新たに搭載、既存のDSPシリーズでおなじみのスピーカーマネージメントソフトウェア GLM(Genelec Loudspeaker Manager)の使用が可能になている。もちろん他のDSPシリーズ同様にAutoCal機能を使っての自動音響補正が可能である。価格は1本 \682,500.-(税込み)で近日発売予定。
1238CFの詳しい情報はこちら

日本版GENELECウェブサイトがリニューアル

website

GENELEC製品に関するお問い合わせ