株式会社メディアキャスト

BSデジタル/CS110放送に対応したBMLオーサリングツール「Foliage」の新バージョンを発表 ~ 放送の完全デジタル化に向けたデータ放送のコンテンツ充実を加速 ~

メディアキャストは、地上デジタルデータ放送用BMLオーサリングツールである「Foliage (フォーリッジ)」シリーズの新バージョン「Foliage Version3」シリーズを発表した。

▼ Foliage typeA Version3」のGUI画面

Foliage typeA Version3」のGUI画面 Foliage Version3シリーズには、固定受信機用 「Foliage type A Version3」 と、ワンセグデータ放送用「Foliage type C Version3」の2種類があり、Windows7 (32bit/64bit) への対応、マルチディスプレイ対応、Ureg及びGreg編集機能などの新機能を追加し、各機能の操作性を大幅に改善した。また、「Foliage type A Version 3」では、BSデジタル放送やCS110放送に対応。価格はいずれも新規購入で59万8千円(1ライセンス/税別)、旧バージョンからのアップグレードは24万8千円(1ライセンス/税別)で、2011年3月15日から出荷開始予定。
今年7月の放送の完全デジタル化に伴い、各放送局は、放送を他メディアと差別化するためのサービスの拡充策のひとつとして、放送からシームレスに通信と融合できる唯一のメディアであるデータ放送コンテンツを充実させることが必須となる。特に2011年秋~2012年春に行われるBSデジタル放送事業者再編に伴う新規事業者の参入で、既存事業者も含めたBSデジタルにおけるコンテンツの充実を支援する制作環境が求められている。

「Foliage」シリーズは、ARIBが策定した地上デジタルデータ放送規格(ARIB STD B24、ARIB TR-B14 A-Profile/C-Profile)に準拠したBMLオーサリングツールで、高度な技術を必要とせず直観的なマウス操作により、インターネットのホームページ (HTMLコンテンツ)制作と同等の容易さでデータ放送コンテンツの制作を可能にする。ECMAscript編集支援機能やデバッグ機能、画面プレビュー機能などを備え、BML初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用可能な国内唯一の汎用BMLオーサリングツール。最新のFoliage Version3は、データ放送コンテンツ制作フローのさらなる効率化を実現し、創造性の高いデータ放送コンテンツの制作と、データ放送普及に貢献する。

Foliage Version3で搭載された主な機能

株式会社メディアキャストについて

同社は、デジタルデータ放送分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社。BML技術を始め、コンテンツ制作技術や運用システムなど、デジタルデータ放送に求められる専門分野で多くの経験と実績を有する。同社のデータ放送製品群は、NHK、民放各局、地方局、CATV局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用され、デジタルデータ放送業界のデファクトスタンダード製品として位置付けられている。

お問い合わせ